Complete text -- "(金)CDSその2"

28 November

(金)CDSその2


  • CDSは、昨日書きましたように「信用リスクの移転」をする取引なのですが、おおざっぱな仕組みは、C(会社や国など)に信用事由(倒産、不払いなど)が発生した場合に、A(リスクの取り手)からB(リスクの売り手)に対してなんらかの支払いを行うというものです。Aが、Cの信用力を補完するような支払いをBに対して行うということですから、Aは保証人のような役割を果たすことになります。

  • この取引には、保証の有効な期間(5年など)があるため、取引元本が10億円だとすれば5年間CDS取引は10億円存在します。ここが社債や株の売買とは違うところです。BがAにCの信用リスクを移転するという意味では、Cの発行する社債やCに対する貸付などをBがAに売却するというのでも同様の効果になるわけですが、こういった売買は代金支払いと権利の移転が終了したところで取引は終了し、取引残高はゼロになります。つまり、似たような経済効果を生む取引でも、CDSでは5年間取引が継続し、社債の売買では売買執行時に取引は終了します。これがCDSをはじめとするデリバティブの残高を膨らませている背景です。

  • 10億円の社債がA→B→D→E→。。。と転売されていっても、社債の残高は10億円にすぎませんが、これをCDSでリスク移転していくと取引の数だけ残高が積みあがっていくわけです。だからといってその分Cの信用リスクが増幅しているわけではありません。最初の売り手であるAは保証効果を得ており(リスクの「ショート」)、最後の取り手はリスクを10億円分保有しますが、中間にいるB、D、E。。。は売り買い両建ての取引をしているため、Cのリスクをもっているわけではありません。取引残高が増えたからと言って、リスク量が倍々ゲームで増えているわけではないということです。わかりきったことをだらだら書いていますが、実はこんな単純なことに誤解の元があったりするので。。。

  • で、そんなデリバティブ固有のリスクは何かというと、Cのリスクが倍増してしまうわけではないのですが、「取引相手のリスク」が新たに生まれるということだと思います。Bにとっては、Aからリスクを買ってDに転売しているわけですから、自身はCの信用リスクを負っているわけでもショートしているわけでもありません。でも、取引期間中にDが破綻してしまうようなことがあれば、リスクの転売先を失うわけですから急にリスクを抱え込むことになります。再転売先が見つかったとしても、旧契約より悪い価格でしか売れないかもしれませんし、最悪の場合には再転売ができないかもしれません。反対側のAが破綻する場合には、リスクの仕入れ先がなくなるわけですから代わりに売ってくれる人を探すことになり、ここでも損失の可能性があります。

  • この取引相手破たんのリスクは「カウンターパーティーリスク」と呼ばれ、デリバティブ市場に限らず金融取引全般でリスク管理の対象となるわけですが、デリバティブは特に、先に述べたような仕組みで残高が積みあがっていきますので、その分カウンターパーティーリスクも膨大に蓄積される可能性があります。

  • こういったリスクへの対応は、いろいろな形でなされています。9月のリーマンブラザーズの破綻に際してもこのリスクに大きな注目が集まりましたが、対応策が功を奏し大きな問題は今のところ起きていないようです。もちろん、対応の過程でいろいろと改善すべきことは見つかっているようですので、修正は必要でしょうが、今のところ市場全体を揺るがすような事件にはならなかったといってもよさそうです。

  • では、なぜCDSがいまだに一部のメディアなどで悪者扱いをされ続けるのか。新商品にはありがちなことだとあきらめるわけには実はいかないのでこんなことをくどくど考えているのですが、スケープゴートを名指しにすることで本質的な批判を見失うという大問題につながるのではないかと思うのです。これは別にCDSだけではないのですが、あまりにも瑣末な批判に拘泥したり、極端な個別商品・個人攻撃に走ったりという展開になるとその後はロクなことにならないような気がします。少なくとも英米が、大きな枠組みをみんなで考えるという挙国一致体制になりつつある中で、(間違った)犯人探しを続けている現状で本当によいのでしょうか。


06:12:00 | mentor | | TrackBacks
Comments

パットメセニー wrote:

A社とB社がスワップ契約を結ぶ時、無担保でやっているとメディアは思っているのでしょうか?金利・為替・信用、なんにしても定期的に値洗いして追加担保をやり取りするのが世界標準であり、ちょっと取材すれば分かるようなものですけどねえ・・・
11/28/08 09:15:34

蒼 wrote:

こんばんわ。はじめまして。

この分野に関してはまだまだ不勉強な者なのですが、一つ伺いたいことがあります。

そもそもリスク移転といっても特有の事情が発生した際に総倒れになる仕組みになってないですか?それを事前に想定していないこともおかしな話です。

究極的にCDSがある世界とない世界ではどちらがより良い経済社会が構成されるのでしょうか。
どうしてもペーパー上の価値しか見出せないんですよね。

それともこの疑問は間違っていますか?
12/01/08 23:13:12

zd7nV5wuLFAE wrote:

ciao licia. Scusa la domanda off topic ma vorrei una tua risposta. Conosci il libro &#;ne08s2raphi2a la ragazza con il cuore di drago” della scrittrice rachel hartman. Ha uno stile molto simile al tuo. Lo sto leggendo in questo periodo ed è molto bello. Se lo conosci vorrei sapere cosa ne pensi.
03/13/17 10:38:45
Add Comments
:

:

トラックバック
トラックバックURL