Complete text -- "(日記)車のディーラー(その2)"

18 November

(日記)車のディーラー(その2)


  • 車のディーラーめぐりの続きです。

  • トヨタ:レクサス(AAA:S&P)。いってみましたよ、レクサス。日本カーオブザイヤーだそうですが、販売苦戦と伝えられてもいますね。で、レクサスのショウルームは、アメリカンモダンラクシュアリーというイメージ。これはおもしろい戦略だなあと思いました(受けるかどうかは別として)。普通アメリカで高級感を売ろうと思うと、トラディショナル・ブリティッシュにしたりしますよね。そこをトヨタはモダン系。対抗がBMWやベンツであるため、違いを見せようとしているんでしょうか。

  • で、車のラインナップですがこれは見てみないとわからないもんだなあ、と。レクサスはトヨタの高級車ラインナップ=セルシオかアリスト、という先入観があったのですが、スポーツ仕様のかっこいいやつもある。そして、さすがは日本車、装備はすごい。音を聞かせてもらいましたが10個以上のスピーカーですごい音響。エンジンの信頼性やサポートも段違いだろうし。。。で、なぜ販売苦戦なんでしょうか。難しいところですね…。

  • (おまけ)毎年できるだけ出かけるようにしている有明でやっている農林水産祭「実りのフェスティバル」。これは全国から農林水産の名産物を集めて展示・販売するもので、何せ格安。おいしいものが集まっていますし。今年もいろいろ買いこんじゃいました。おすすめはいろいろありますが、佐賀県(各都道府県のブースがあります)の海苔はゼッタイ。茨城のローズポーク、常陸牛もなかなかのものです。



16:15:00 | mentor | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
トラックバックURL