Archive for September 2009

29 September

(金)不透明感<続>

  • 日本株のネガティブ要因として挙げられるのは、「すでに起きていること」「すぐに起きること」として、円高、金融機関資本規制/リスク資産削減方向の規制(国際協調規制、国際会計基準適用、SM比率規制強化など)。「今後起きるかもしれないこと」として、CO2規制強化コスト負担、金融機関貸出減少リスク(モラトリアム)、ノンバンク貸出減少リスク(貸金業規制)。また、キャピタルゲイン課税優遇措置の取り扱いも材料になってくるかもしれません。もちろん、いずれも、本質的な理由(成長力とか、需給構造とか)により日本株は原則買いにくいという判断がベースにあってこその追加的な要因に過ぎないのかもしれませんが、今日は「円高」についてぶつぶつ考えています。

  • 金利差でならしてみれば名目で見るほど円高ではないとか、ドル以外の通貨も勘案すれば対ドルで見るより穏やかな変化であるとかいうコメントもよく聞くのですが、ありとあらゆる手を使って景気回復をしなくてはならないこの時期に、名目であろうが何であろうが円高の進行は企業収益への影響がと心配であるという声も強いと思います。

  • 自分では全然整理がついていないのですが、今回の危機の中で「為替レートの意味」を考えることが多いです。欧州では一通貨であることのデメリットもあったと言われていますし、相対的に不況が深いと考えられたイギリスポンドが売り込まれたことで、かえって英国不動産に買い手がついたとの見方もあるようで、ごく一部かもしれませんが為替レートがスタビライザー的に働いた局面もあったのかもしれません(ユーロはそのスタビライザーがなかったことのデメリットが意識された)。為替は、ファンダメンタルズ(といわれる諸事)から乖離しやすいこともあり、今次局面では増幅装置となってしまっているのが日本の状況ということなんでしょうか。

  • 幼稚なコメントで恐縮ですが、円高で苦しいという言葉はいろいろなところで聞こえてくる一方で、今のところ円安政策を主張される方があまりいないように見えることはなんだか不思議です。もちろん、為替ですべてを解決できるわけもなく、為替政策に過度に依存することには大きなディメリットもあるるし円高にもメリットはあるはずなので、バランスを考える材料を自分でも集めてみたいと思います。

  • 株に話をもどしますと、今のところ、NT倍率の上昇が話題になるなど、冒頭に述べた各要因のうち株価に効いているのは実は円高以外のもののように見えますが、今後大型輸出株が全体を押し下げる形でNT倍率が下がってくる展開。。。というのがもっともがっかりなパターンでしょうか。。。

23:43:00 | mentor | No comments | TrackBacks

28 September

(金)先行き不透明。。。

  • すっかり世の中に置いていかれた感のある日本株。新政権ディスカウントという個別事情はあるものの、需給構造的に株が上昇しないということになってしまったんでしょうか。金利も株も需給で上がらない。うーん。

  • 株はもともと持ち合い解消の国内受け皿がなく、外国人投資家の持ち株比率が上がっていたのが昨年秋からデレバ・リスク削減にぶつかり、その売りを受ける皿がない。。。というのが一段落したとおもったら国内投資家のリスク削減フェーズ開始。今度こそ厳しいですよね。。。

  • その一方で国債は逆の需給でカーブが手前から潰れていっていますが、さすがに今回は「異常な」ペースで金利が低下するという展開にはなっていません。大きなレンジをはずれてはいない印象でしょうか。

  • 成長率もインフレも見通しが大きく振れることがなければ当然価格は大きく見ればレンジ内、その中でどう動くかは需給ということなんでしょうね。その需給が短期的な偏りなのか構造的な変化なのか。。。

23:37:53 | mentor | No comments | TrackBacks

21 September

(金)爆笑。

  • (金融というより日記ですが)尊敬する金融ブログの爆笑エントリー。画面に向かって大爆笑したのち、考え込んでしまいました。

  • ほんとに、現状は、単に崩壊のスピードがゆっくりになっただけという理解でよいのかもしれません。日本の経験(金融危機後いったんは株価が回復したけど2−3年たって二番底)は、アメリカの回復力の前には役に立たないかも。。。などと思っていたのですが、世の中そんなに甘くないという方が正解なのかもしれません。
  • この休みの間に、サブプライムから始まった危機の発展と現状評価をまとめなくてはならないのですが、まだ考えが落ち着きません。。。

09:55:22 | mentor | 2 comments | TrackBacks

17 September

(食)今年の夏は北海道(3)

  • 函館で、湯の川温泉に泊まりました。朝の飛行機で飛べば、昼ごはんを余裕で湯の川で食べられるんですね。まずはお寿司でしょ。

  • ということで、ネット評判の高い木はらさんに行ってみました。江戸前一流の技術ではないのかもしれませんが、ネタはとてもよく、おいしかったです。ここは、もう一度行きたい。

nullおつまみはどれも秀逸でしたが、このゴロ(いかわた)のルイベ風は一晩呑める味。アワビを切ってもらいました。ウニ乗せ!nullにぎりは、白身から。鰈だったかな?
nullそりゃあ函館って言えば烏賊ですよね。甘い。nullシマアジ。nullアワビを握りでも。
nullウニも食べ比べです。null函館でも、あなご好き。null最後のあら汁にたどり着いた時にはもう酔っ払い。。。

06:48:00 | mentor | No comments | TrackBacks

15 September

(食)今年の夏は北海道(2)


  • そして今年最大の収穫は、道産も含め、食材へのこだわりが秀逸なフレンチ。札幌まで来てフレンチ?と思った貴方、お試しの価値がありますよ。
  • 宮の森(街中からタクシー15分ぐらい、地下鉄でもアプローチできます)にあるラ・サンテさんです。小柄なビストロスタイルですが、フレンチ中心のワインラインナップも素晴らしく、丁寧なお料理がほんとにおいしかったです。次回札幌行でもぜひ行きたいお店です。


nullいろいろおいしいかったのですが、この野菜ポタージュは素材の生きた優しい味でとても気に入りました。nullメインその1。絶品羊。絶句もの。nullメインその2、道産牛のみすじ。これもおいしかったです。脂に頼らない甘さ。

null旬のホッキ貝と野菜を合わせたリゾットです。わざわざ最後に出していただきました。これもばりウマ。null食後酒までしっかり。写真は撮り忘れましたが、デザートもチーズもいただきました。大満足。

06:41:00 | mentor | No comments | TrackBacks