Archive for March 2009

05 March

(金)何が起きているんでしょう?


  • 昨日こそちょっと持ち直しましたが、アメリカの株下落は相当な勢い。きっかけは金融システム不安対策が「不十分」だと思われてしまったことだというのが定説のようですが、セクターを見てみると生命保険会社(最近AIG以外も相当下がっていますね)以外の金融の下落率がひどい、というわけでもなさそう。

  • 何せ全面的に下がってはいるのですが全世界的に悪い「素材」、ここまでディフェンシブが堅調であったものの裏、などが目立ちます。後はGE。格下げ懸念はありながらそうはいってもGEだしまだAAAだというのに、CDSの拡大は止まりません。ファイナンス子会社の増資懸念も浮上。どんどん戦線が拡大しています。

  • 日本株の持ち直しは、3月末前の「対策」「PKO」期待ということなのだと思いますしそれでもよいから大崩れしないことを祈っておりますが、なんとか末はクリアできたとしてもその先が厳しい展開になるというシナリオも考えておかないといけなさそうです。

  • クレジットも、各種の公的対応で一時のパニック感は相当薄らいだようですが、ここからは実力勝負という世界になっていくのでしょうか。投資適格が堅調だったアメリカでも、投機的格付の価格は回復していません。

  • 何か明るい話題は。。。おお。桜の開花予想が出ましたね。例年より早い模様。お花見の計画をたてねばなりません。


00:21:00 | mentor | No comments | TrackBacks

04 March

(食)七條はおいしい(でも罪悪感)


  • 気鋭の若手個人投資家さんと久し振りの飲み会。この厳しい環境の中で、個人の力でトレーディングプラットフォームを構築し、日々トレーディングをしている様を聞きました。すごいの一言。マーケットのことはもとより、自分の仕事の仕方とかこれからの生き方とかいろいろなことを考えさせられました(今も考え中)。

  • そんな会の場所に選んだのは、神保町のお気に入り、七條です。本当はダイエットプログラム遂行中の身の上、一番避けなくてはいけない「洋食系ビストロ」というカテゴリーなのかもしれませんがコスパのよい本物を志向する彼との飲み会では仕方がありません。勝負です(笑)。

  • やっぱりおいしかったですね。前菜には冬の名残りの白子グラタンと春の香り白アスパラで相当迷った末に、白子を選択(ダイエットの先生ごめんなさい)。さらに、メインではお魚という選択肢を横目に鴨のコンフィ(でも付け合わせのジャガイモはパスしました←せめてもの言い訳)。禁止アイテムのワイン、プリンも「口をつけて」しまいました。。。

  • こういうメニューを罪悪感なく食べられるようになるためにも、また翌日からきちんとダイエットに取り組まねばなりません。反省です。。。


06:31:00 | mentor | 1 comment | TrackBacks

03 March

(金)やっぱり金融


  • 株の下落が止まりません。アメリカ、しかも金融が主導した下げ。シティの部分国有化(国が保有する優先株の普通株転換)、AIGへの追加支援、商業用不動産の価格下落と関連証券化商品の格下げ、東欧向け融資エクスポージャーから来る欧州銀行の損失懸念。。。と金融関連のトラブルが収束しないどころか広がりを見せていることがあらためて注目されているようです。よく「ネガティブ・フィードバック」と呼ばれる金融トラブル→実体経済のリスク波及がもう一度跳ね返ってきて実体経済の低迷→(融資不調などによる)金融トラブル、というフェーズに深く入り込んだということなのでしょうか。

  • そんな時期にアメリカはと言えば、GM支援でさえモラルハザードが問題となるような展開で、これ以上ウォールストリート向けの支援を増額することには世論そして議会の強い反対が予想されます。本丸は金融機関から不良債権を切り離して資本を追加するという対応であるにも関わらず、それに手をつけられないということを市場は見透かしてこういう展開になっているということなのでしょうが、日本にとっては3月末前というタイミングなのが本当に厳しいです。

  • 経済もグローバル、金融もグローバルな今の世の中では、デカップリングなんて到底無理ですし、希望の唯一の光となっている感のある中国への期待も、かつてのデカップリング論と大同小異なのかもしれません。リスクをきちんと認識しないと対応もできず、必要なプロセスをできるだけ早く通り抜けるために自分に何ができるかを考えなくては。。。


06:31:00 | mentor | No comments | TrackBacks