Archive for October 2008

28 October

(金)安値更新


  • 毎日、あれよあれよという間に安値が更新されていきます。NYもまたマイナスで8175.77。8000ドル割れが見えています。為替は、G7声明にも出ていましたが円高の進行。特に対ユーロ、ポンドが顕著です。

  • それにしても、まさかこんなことは起きないだろうと漠然と考えていたことが次から次へと現実のものになっていくわけですが、もっとも予想外だったのは、ユーロ安。むしろ(まだ心配ですが)ドルの切り下げが恐れられていたわけで、この先(日本もそうですが)為替が(ふたたび)金融市場の話題の中心になるのかもしれません。

  • しかし、そうしている間にもクレジットスプレッドはすごいことになっていますね。国が救済の姿勢を鮮明にしたはずのファニーメイ、フレディマックでさえ債券スプレッドがまた拡大。日本でもクレデリ、社債ともに広がっています。

  • そういえば、欧州の大手銀行が株式デリバティブで大きな損失、という報道が。ああこれでまたデリバ悪者論がきっと…
    sigh


07:12:42 | mentor | No comments | TrackBacks

27 October

(食)秩父でモツ焼き


  • グルメレポート(東京外)編、秩父です。秩父にはゴルフとか山登りとかいろいろな理由で行くと思うのですが、東京から気軽に行けるトリップとしてもう少し人気が出てもいいんじゃないかなあ、と実は思っています。前に観光で行ったときにもおもったのですが、町並みもよく、地酒だけではなくて美味しいものがあり、と楽しめます。

  • で、今回はモツ焼き。豚のモツなんですがびっくりする新鮮さ。これがモツ?と驚く味です。今回お世話になったのは、十三番札所の向かいにある方の「高砂」さん(同じ名前のモツ焼きやさんはもうひとつあるようです)。5時開店と当時に満席と言っても過言ではなく、座敷は予約ができるようですので余裕があれば是非。

  • あっという間にメニューが売り切れになっていくので、まずは盛り合わせでスタートして気にいたものは即追加を。どーんと迫力の山盛りで出てくるので初めて見ると一瞬びっくりしますが、後は沈黙の一気食いです。ごはんにもあいますし、もちろん秩父自慢の地酒でも☆秩父泊ではないときは、飲みすぎてレッド―アローに乗り遅れないようにね。

  • さて...今週は大型企業の決算発表目白押しですね。この為替では、市場は前回下値を下回りそうな勢いですが...今週もがんばります。


06:01:00 | mentor | No comments | TrackBacks

24 October

(金)ポッドキャストで情報収集


  • NY株式市場は小康ですが、ユーロ安はそう簡単にリバースしないようですね。リーマンCDS決済を見込んだドルのレパトリ(本国送金)とかいう荒唐無稽な説明もあるようですが、本日の○○新聞1面の不思議なトップ記事(CDS清算機関設立が金融機関の財務改善に役に立つというような)とあわせ、CDSモンスター説が独り歩きしています…。「プロ」の市場のみなさんや「一流」メディアのみなさんまでこれに乗ることはないと信じたいところです。

  • さて、本日はそんな話題ではなく、自分の情報収集の話。たいしたことをしているわけではないのですがよくご質問を受けるので。毎朝NY市場クローズ後に、ポッドキャストでいくつか市場コメントなどをダウンロードして通勤中に聞いています。朝会社に到着するころには、一応ひととおり頭に入ります。

  • 全部英語なのでお役に立たないかもしれませんが、一応メニューはこんな感じ。


  • マーケットコメント、デイリーニュース

    • Market Research Podcast from Schaffer's Investment Research

    • Business Week - Market Reports

    • CNN Marketplace update

    • NewsPod(BBC)


  • ウィークリー金融誌などの抜粋

    • The Economist

    • This week in Barron's


  • 識者の意見

    • Kwoledge@Wharton Interview(Jeremy Siegel教授分)

    • Martin Wolf (FT)

07:34:54 | mentor | No comments | TrackBacks

23 October

(金)リーマンCDS決済終了


  • リーマン(正確には持ち株会社のLBHI)を参照するCDSを現金決済することを選んだ場合、オークションによってきめられた一本価格を参照することができます。その決済が昨日終了。価格が額面の8.625%と決定したことで、この決済で巨額の損失を蒙る金融機関などが破綻するのではないかというような憶測が飛び交ったようですが、そんなことは(もちろん)ありませんでした。プロの解説が参考になります。

  • この、「もちろん」というのをどうやって説明するかは、私も含めて業界努力なんだろうなあ、とつくづく。デリバティブ市場は相当なストレスをこなしていますが、なかなか評価されません。理解を得るためにできることとして、「具体的にはこんな処理実務でした」「そうはいってもこういう問題がありましたと」いうリストを作って、これを検討していくというのはどうでしょう。細かいことも含め、初めての事態への対処でいろいろと大変だった取引当事者もいたはずですし、ストレス対応マニュアルをどんどん積み重ねていってより強固な市場インフラにしちゃえば文句は出にくくなりますよね(と期待)。

  • しかし、あの○○○という対応策は実効性はどうなんだろう、と心配になります。もちろん、ないよりはあったほうが良いと思いますが、CDSのクレジットイベントとカウンターパーティーEODがごっちゃに議論されるような世の中で、なんだか言葉だけが独り歩きしているような気が。

  • NYの株、またさがっちゃいましたね。もはや毎日の変動で一喜一憂するのはやめようと思いますが、これだけいろいろな手が打たれているということはまだまだ金融の世界で緊張があるということなんでしょうし…。ひとつひとつ片づけていくしかありません…


06:58:43 | mentor | No comments | TrackBacks

21 October

(食)気軽にワイン


  • 株式マーケットはちょっと底入れ感もあるようですが、底値固めにはまだ紆余曲折というところなんでしょうか。一息つけるときには体を休めておきましょう。。。ということで本日は食べ歩き情報。

  • 京橋のポンデュガール。3度目のお邪魔だったと思うのですが、とにかくここは「気軽にワイン」という方針が貫かれていて楽しく、おいしくすごすことができます。お料理は、ビストロ+飲み屋さん、という感じでしょうか?ウェブサイトには「世界のお惣菜」と銘打ってありますが、ラタトゥユや羊なんかのグリエに、ピッツァやパスタがあたり、絶対はずせない味噌風味洋風モツ煮込みがあったりと、いずれも美味☆

  • ワインも手ごろなお値段のボトルが棚にぎっしり。チリのシャルドネではじめてスペインのソビニヨンブラン、スペインのテンプラリーニョブレンドの次はイタリアン、というような世界旅行も楽しめます(ここまでしか覚えていません<笑>)。

  • 当然人気のあるお店なので、予約は必須。ちょっとわかりにくい場所なので地図も必携というところでしょうか。相当頑張って飲んでも1万円には届きません。



07:31:35 | mentor | No comments | TrackBacks