Archive for June 2007

30 June

(日記)温暖化。おまけの一枚は桜海老in静岡

    (日記)
  • 静岡に帰省中。家族でゴルフにいきましたが、ほとんど真夏のゴルフでした。これだけ汗をかいたら浮腫みが抜けるかな?

  • 地球温暖化への取り組みについて。最近端っこを勉強し始めました。よくわからない。なんでよくわからないかというと、どうもいろいろな基準が曖昧らしい。京都議定書を米国が批准しなかったことがいまさら話題になっているようですが、本当にそれを守れば将来の温暖化が「回避」できるというものではないらしい(せいぜい「遅れる」程度)。つまり、温暖「化」しているのではなくすでに温暖になっちゃったんだけどここからどうするよ、という状況らしい。

  • そもそも、CO2の削減といわれるけど本当に悪いのはCO2そのものではないとか、ダイオキシンそのものは有毒じゃないとか、整理して学びたいことはいろいろ。今日本は風力発電が大政策らしいのですが、新興企業の設立が相次いでいるとのこと。で、ペイするのでしょうか?日本は国民感情のネガティブがこれだけ強いにもかかわらず原子力発電化を進めていて、なんとか代替手法をという努力はもちろん必要なのですが、どうも採算の観点がない旗振りは嫌な予感がします。

  • エコに取り組む企業への評価がたかまっていますし、やらないよりはやったほうが絶対に良いと思うのですが、遵守する規準がそもそも確かなものなのか?とか、日本企業はまた一時のメッセブームのように漠然とイメージ向上のためという目的のすり替えがおきていないか?という疑問が今のところ自分の中にはあります。国の金をつかった施策になっていくと思うので、それこそ国の金を基礎研究にもう少しつかってせめて事実を整理して欲しいものだと、ここまでの浅い勉強の段階では感じています。

  • 6月分のバックログを少しずつアップしています。今日のアップは、カウンター店を二軒(6/28、6/26)↓

今日の一枚。静岡は桜海老という小さな深海海老が獲れる世界で唯一の地域だと小学校の社会科でならいましたが、今が旬(の終わり)。最近東京にも生が入ってきているようですが、今日は地元で桜海老料理の王道<かき揚げ>。桜海老

23:11:00 | mentor | No comments | TrackBacks

28 June

(食)おされな鉄板焼き

  • 新規開拓の大ヒット。京橋BRICKSという鉄板焼きやさんです。住所は京橋、夜半までやっている優れ店。いただいたものは創作系(ネットによればキハチのご出身ということで納得)と直球勝負(良い素材を焼く!)で、いずれも美味。


bricks1bricks2bricks3
冷たい前菜のひとつ、冷やし茄子とお豆腐の生姜ソース温かい前菜のひとつ、ピリ辛水餃子何気ないのにベーコンが超美味しいシーザーサラダ
bricks5bricks6bricks8
メインのお魚。鯛を焼いてもらいましたこれもはずせない、焼きそばその1。ピリ辛台湾風です焼きそばその2。モヤシあんかけを良く混ぜていただきます

bricks4bricks7
おいしいものは数あれど、ここのお店のメインは実はこれじゃないかと思う野菜焼き。なんたって、カウンターのガラスケースの中はお野菜ですもの!

23:55:00 | mentor | No comments | TrackBacks

(金)再び、ベアスターンズ


  • 昨日に続き、ベアスターンズ傘下のファンド関連。ちょっと事実関係を整理してみましょう。

  • ベアスターンズ(日本ではゴールドマンサックスほど有名ではないかもしれませんが、全米第5位のインベストメントバンクです)の運用部門、BSAM(ベアスターンズアセットマネジメント)が運用するファンドのうち、米国サブプライム住宅ローン(非優良債務者向け)関連商品に投資していたふたつのファンドが、含み損をかかえ、(1)投資家の解約請求に当面応じないというレターを出した(2)取引相手金融機関からの追加担保請求に応じることが出来なかった、のが6月初。

  • (2)の結果、取引相手の一人であるメリルリンチが、すでにとっていた担保を売り払うと宣言。この担保が、サブプライム住宅ローン担保証券(証券化商品)であり、市場流動性が低いものであったことから、市場が崩れるのではないかと大騒ぎになり、また、ファンドの損失はあらためて「サブプライム住宅ローンの問題は片付いていない」ことを市場に再認識させる背景となった、ということですね。結局、メリルは売るかもと噂されていた8-8.5億ドル(100億円弱分ですね)のうち、1億ドル分しか売らなかったといわれており、証券化商品のインデックス価格こそ下落していますが、市場が崩れるというほどには今のところなっていません。

  • サブプライム住宅ローンは評価が難しくて、借り手(個人)を直撃することから消費が落ちるのではないかとか、担保となっている住宅が投げ売られて住宅市況が一層冷え込み、これが信用力の高い債務者(個人)にも影響を与えるのではないかとか、というようないわゆる実体経済への波及もあり得るわけです(個人的にはこのルートはあまり実現可能性が高くないと思っていますが―サブプライム層の消費はもともとたいしたことないし、住宅市況はアメリカ=移民も含めデモグラフィの若い国なので需要の底入れはあると思いますし)。

  • 問題は、「金融市場経由の波及」があるかどうか、ということです。株式市場の好調も、企業倒産の少なさも、世界中の投資家が有利な投資先を求める結果、有り余る資金が投下されて価格が下支えされるいわゆる「流動性相場」の様相を呈しているといわれます。今回BSAMのファンドが投資対象としていたサブプライム住宅ローンの証券化商品は、そんな投資資金を投資先につなぐとてもよくできた商品ですが、この市場の価格や需給が崩れると、資金フローが滞り、これまで「お金を借りることが出来る人が借りられなくなる」かもしれないというリスクが生じます。この債務者の中には、住宅ローンの個人だけではなく、企業も含まれるわけです。

  • すると、ここまで資金を調達することが出来たので倒産せずにすんできた企業や、借入れが容易なので成立してきた大型M&Aなんかは調子が悪くなる可能性もある。そこへもってきて金利が上がるとすでに借り入れている分のコストも上昇する。という具合に、悪いことが重なると景気全体への影響もナシとは言えないかなあというところでしょうか。

  • そのほかには、こういった証券化やM&Aから大きな利益を上げてきたファンド(ブラックストーンがIPOしましたね)とか、投資銀行などの金融機関は、収益減に悩む可能性もありますし、投資家の一部に大きな損失が出ると、追随売りが他の市場で発生する可能性も無いとはいえません。あくまでも「悪いことが重なれば」というリスクですので、必ず起こるというわけではもちろんありません。

  • しばらく金融市場は神経質な展開が続きそうですね。こうなるとすぐに「明日は世界の終わり」というような予想が頻発するのですが、実はそれも故ナシではなく、金融業界に長ければ長いほど「こんなに長い間クレジットスプレッドがタイトなままなのはおかしい」「長期金利もそうはいっても低い状態が長すぎる」というサイクル感が強いため、クラッシュリスクを現実のものとして想定するのだろうと思います。また、今回はそもそも舞台が証券化だったり証券化リンクのデリバティブだったりと、金融取引が上場物ではないので実態がわかりにくく、後処理もインベストメントバンク同士の相対で行われているために情報が外に出にくいので、「何が起きているのかわからない」分リスクを大きく感じるという側面も否めません。

  • 別件。今日はひさびさに超美味しいレストランを新規開拓。写真をアップする時間が出来たら投稿します。



23:37:00 | mentor | 1 comment | TrackBacks

27 June

(金)ベアスターンズファンドとサブプライム



  • ほぼ1ヶ月お休みしてしまいました。スミマセン。過去の写真もぼちぼちアップしていくことにします。ちょっとプライベートに書き物をしていて、ようやく目処がついたところ。とはいえ、すぐに次のウェイブがやってくるのですが。

  • マーケット。この数年、全体としてボラティリティが低い中で、ちょっとしたことにもびっくりする相場が続いていますが、ベアスターンズファンドの失調⇒サブプライム問題再燃、は「ちょっとしたこと」の扱いで本当によいのかどうか、まだ迷うところです。

  • 前回サブプライムが問題になったとき数字を整理してみて、金融システムにはあまりリスクがないし、証券化でリスクはばらまかれているので誰かが集中的に損失を蒙ることもないだろう、実体経済への影響も、Alt-Aより上にすぐ波及しなければ、アメリカのデモグラフィを考えれば大丈夫と考えていたのですが、その折にひとつだけネガティブ・パスがひっかかっていて、ベアスターンズ・ファンド問題はそこが来ちゃうかな、という感じ。

  • M&Aブームとか欧米企業のデフォルト率が空前の低さであることの背景は、どう考えてもファンダメンタルズが良いというだけではなく証券化で金が安定的に入ってきているからという側面は否めないと思うのですが、このルートが切れたらその二つが巻き戻されるのではないかという恐怖。金利が上がって企業の財務が傷むより、流動性が引くことの方がスピードが速いんじゃないか、と思います。

  • ということで、日本ではあまり注目されていないようですが、ベアスターンズ傘下のファンドをめぐる動きには今後とも注目です。グローバル・クラッシュにはならないと思うのですが、最悪のケースでついに米欧がデカップリングし、日本を含むその他の国は米国依存度で運命が決まる、というシナリオは考えておいたほうが良いかな、と。




23:54:00 | mentor | No comments | TrackBacks

26 June

(食)インド高級料理でワイン

  • 新規オープンのビルがたくさんある中で、ここはビルの規模が小さいせいかあまり話題になりませんね。銀座Velvia。でも、レストランはかなり私好みです。その中のひとつ、青山にお店のあるインド料理やさんシターラの支店、AGUNI。アグニといえば火の神様ですね。
  • 絶品高級インド料理を肴にワインをいただけるというコンセプトのカウンター+半個室のしつらえです。お料理は、青山と変わらず美味。↓は2回分(短期間にリピートしました)。

aguni1コースの一品目(左)、ベジタブルケバブ。椎茸とパイナップルと新じゃがなんですが、パイナップルが絶品。
コースの二品目(右)、ラムを柔らかく叩いて焼いたものが不思議な食感。
aguni2
aguni3コースの三品目、焼き物ですがチキンもおいしいけど右の林檎の詰め物が他では食べられない味。
aguni4aguni5aguni8
コースにはカレーが二つつきます。オクラのドライカレー。体調が整いますよ。ラムの骨のカレー。とろみが美味しい。これはコースと別な日に食べた豆(ダール)カレー。


aguni6 aguni7
ベジタブルタンドリの盛り合わせ。ジャガイモとかほうれん草とチーズのパテとかチーズとか。一番おいしいのはカリフラワーの丸焼き!タンドリチキン半羽分。

23:13:00 | mentor | No comments | TrackBacks