Archive for September 2006

30 September

(食)築地でお寿司

旧「酔生夢死」の読者の方はカテゴリ=食べ歩き(食)をどうぞ。


  • 築地でお寿司。土曜日の築地は本当に混むようになってしまいました。そーいう自分も素人なので人のことは言えないのですが、人ごみにベビーカーをつっこんだり、就学前の子供連れで道をブロックしたりと買い物客にとっては迷惑この上なし。
    もっと早い時間にいけばよいのですが、今日も寝坊して築地到着が10時半。案の定大混雑。

  • とりあえずごはんを、ということで場内のお寿司やさんで未訪だった岩佐寿しさんへ。表に丼メニューなんか出ていて、結構いつも行列している。で、入ってみると客層が…若い。確かに安いメニューもあるし、
    店内もきれいだしと入りやすい雰囲気があるんでしょうね。ご自慢の貝づくし(3300円)をいただいてみると、貝はとってもおいしいのですがごはんが私の好みではない。ぺたっとした酢飯。おコメがたっているような固めのシャリが好きなので、
    残念。で、うちにもどってネットを見てみると、同じ並びの龍寿し(こちらは私のお気に入り)は評判が悪く、岩佐寿しは評判がよい感じ。???うーん。ネット層には岩佐寿しの「フレンドリー」さが受けるってことでしょうか。ま、好きなお寿司やさんの行列が短い方がありがたいですが。

  • 築地は、マツタケ、銀杏とこの時期のわくわくが一杯です。



20:12:58 | mentor | No comments | TrackBacks

(金融)地方債10月債

ということで、リニューアル後第一弾。金融めもの話題をお好みの方は、カテゴリ「金融」・タイトル冒頭(金融)となっているものをご覧ください


  • 地方債の10月発行予定で、めでたく北海道の日付も入っている。8月お盆休み中に個別の条件決定をうながす事務連絡が発せられてから2ヶ月足らずで、マーケットは銘柄間格差を十分に消化できたのでしょうか?
    そもそも、地方公共団体は暗黙の政府保証があるのでその借金である地方債もコスト(発行利回り)は同じ!としてきたのが無理続きで、これを投資家(社債を買う人)の欲しい値段を個別につけましょう、という方針転換。地方公共団体の中でも、特にコストの高い5団体を「顔悪」などと呼んで区別してきたのを、発行市場でも区別するようになった→その中でも財政状況の苦しい北海道の10月債が注目されている、ということですね。

  • 都道府県や政令指定都市といった大きな地方公共団体そのものの資金繰りは、とりあえずこの地方債発行市場が落ち着いてくれれば(落ち着きそうですが)何とかなる。
    で、その一方でできるだけ借金を減らして利払い負担を軽くしようという努力はされるでしょうから、それはその方向でよい。で、問題はこれだけの残高をかかえて、本当に間に合うのかということなんだと思います。
    財務省が巨額の国債発行をなんとかマネージするために、商品をいろいろつくったり海外に出かけたりと手を打ってきたのに対して、地方債の対応は遅れている。公募じゃない分野はさらに遅れが目立つ。むしろ、財政投融資勘定をもっとつかってみるとか、時間を稼いでグランドデザインを作ったほうがよいのではないかしら…などと思うこのごろです。

  • 暗黙っていうのがいけないんですよ、政府保証。そりゃ国のバランスシートを軽くしようとしているときに、地方の借金を新たに国に移管はできないというかもしれませんが、もはや個別の地方自治体の財政課のみなさんががんばって何とかなる段階ではないように思いますが。



20:11:06 | mentor | No comments | TrackBacks

リニューアル

本日からブログのタイトルを変更し、これまでウェブサイトで公開していた食べ歩きを中心とする日記と合体します。しばらく同じ内容を両方にアップし、様子を見ます

今後は

  • 金融

  • 食べ歩き(飲み歩き?)


を二つの柱にして、よしなしごとを綴ってまいります。
17:43:19 | mentor | 2 comments | TrackBacks