Archive for October 2005

31 October

少しお休みします

しばらくの無断欠勤、申し訳ありませんでした。

本業多忙につき、当面お休みいたします。再開は11月にはいってからの予定です。
13:30:30 | mentor | No comments | TrackBacks

17 October

破綻の危機


  • 「トヨタウェイ 倒産の危機もあった」朝日夕刊10月7日 最近、とある自動車会社の方からこのお話を聞くまで、私はトヨタ自動車にそんな過去の経緯があったことを不勉強にも知りませんでした。

  • この記事には、戦後まもない49年、トヨタが資金繰りに窮して、日銀が資金繰りを支援したとある。すごいのは、トヨタがこのDNAを今に至るまで持ち続けていること。人間、のどもと過ぎれば暑さをわすれ、ともすれば保身に走るのが普通(?)ですが、トヨタは違う。いつまでたってもこのいったんつぶれかけた危機感の記憶を忘れていない。との評を聞いたのでした。

  • 事業再生では、マネジメントや働く人の危機感がなければ成功はおぼつかず、そういう意味では本当に危機だと知ることのできる法的手続が望ましいとの意見さえも聞かれるほど。とはいえ、私的整理でも上記のトヨタの例でも、完全再建もあり、成功者の話を聞くと「あのときは本当につぶれると思ったので何でもできた」と言う。手続の問題というより経営のメッセージの問題なのかしら。

  • しかし、トヨタはすごい。GMから買い取ったすばるの株をこれからどうするんでしょうか。



06:36:00 | mentor | 1 comment | TrackBacks

14 October

へーえ。こんなことも考えるんですね


  • 「郵政銘柄まとめて投資 ゴールドマン個人向けに小口化」 日経夕刊10月7日 郵政民営化に伴って業績拡大のある可能性のある株式をまとめて小口販売。一方で、売り型(他社との競争激化・株価の調整も予想されるため)もあるそうな。へーえ。素直に感心しました。こういう商品を作るって言うのはおもしろいですね。

  • 個人が何に投資するか。いろいろな金融商品があるようでいて、なかなかこれと思うものがないか、手数料が高い。商品投資もいろいろ検討していますが、ファンド手数料の高さの割にどんなリターンがあるんやろ...と思っちゃいます。食料・エネルギー複合型でひとつ検討中。

  • ヘッジファンドも、個人の手がなかなかとどかないのですが、コストの安いインデックスが個人向けになりつつある。。のであれば、ちょっとおもしろいかもしれません。アクティビスト物も個人向けだといわれて資料をみたら最低金額が...。



06:36:00 | mentor | No comments | TrackBacks

13 October

ペイオフ(ピーターと狼)


  • 「ペイオフ第1号へ金融庁が臨戦態勢」 夕刊フジ10月4日付 シミュレーションがあり、実際の候補は地域の信金さんだという。

  • 今のうちにひとつやっとかなきゃ、とかいうようなものだとすればこれほど人を馬鹿にした話もないが...。できるだけ弱いものいじめにならないようにするためには、たくさんリークして、個人の預金引き出しを奨励するっていうことかしらん。

  • 社債ディフォルトにせよペイオフにせよ、実際に起きてくれないと痛みはわからないものですが。


06:35:00 | mentor | No comments | TrackBacks

12 October

デルファイのチャプター11


  • もはや旧聞ですが、米国自動車部品会社のデルファイがチャプター11手続を申請しました。米国の制度では、これで即手続開始となります。

  • さて、チャプター11の改正施行を前に、この動き自体はすでに予想されていたのですが、市場へのインパクト評価はまちまちです。まず、GM。今後、どの程度デルファイ従業員(出向者も多数)の保険だのなんだのを引っかぶることになるのか。会社は、0-110億ドルとずいぶん幅のある予想を出していますが、それなりの影響は避けられないでしょう。手元流動性がキャッシュで320億ドル(6月末)のGMにとって、即時の支払いとなっても一応は払えますが、もちろんきつい額。即時になるかどうかについてもやや揉めの様子。

  • 現在、自分もUAWとの交渉を続けるGMにとっては、Delphiで労使交渉がうまくまとまらなかった(まとまるとはもともと予想されていなかったわけですが)ことは、それなりに影響もありそうです。そうはいってもGMは潰さないだろう…がどこまで通用するか。

  • いろいろなシナリオを書き得ることは事実ですが、やはりリスク要因の高い銘柄ですね。いちかばちかで、セーフで切り抜けられる可能性も相応にありますが、このリスク許容ができる投資家はそんなに多くはないはず。

  • いずれにせよ、クレジット市場全般に波及するような展開にはなりそうもないですね。米国クレジットは相変わらず強気です。ましてや、日本への波及は考えにくいでしょう。CDSが多少連鎖するかもしれませんが...。ちょっと株が弱いのが気になります(米国)。



06:35:00 | mentor | No comments | TrackBacks